W E g o
08.[真っ赤なKISSをして](1/1)










本当に置き忘れたくないモノ
置き忘れてもいいさ、本当に大切ならば


またきっと君は気が付いて探すだろう
そうやっていく事も君の人生



僕もあの頃より大人になったと
自分では思っていても心を知る君には


全部見透かされているんだろうね
悲しみも寂しさも昨夜泣いてた事も



いくら自分を知っても

答えはあの日と同じ



僕の本当の気持ちは

君だけが知っていてくれればいい

胸から溢れた音色で作った
この歌もまずは君に聞かせたいな

どれが本当の自分か分からなくなる時
君を想えばそれが僕


今更になってやっと

全てがクリアに見えてきたんだ


































どんな風に生きたとしたって
僕はやっぱり道を外して何処かに行くね


好きに生きたい、僕として出逢いたい
君をただ真っ直ぐに愛していたい



つかの間の青空に涙した分
事実を駆け巡ったような気がするよ


本当は答えなんてないと知ってるけど
探し回る今が好きだから



人生において失敗なんて

何1つない




君の愛のその先に

いつまでも僕は立っていたいんだよ

男前じゃなく、手間も暇もかかる
こんな僕だけど君といたい

この短い人生が終わっても
君に持っててもらいたい、心


愛って言うんだろうな

今この瞬間の君の事を


































老けてく度に、君との愛は強くなってく
僕はますます元気になってく

今ここでKISSして

僕から君への愛を、君から僕への愛を


ますます真っ赤にする為







どんな景色も、どんな想いも

最後には君に続いてる

悲しみの空広がる日は
君のそばへ僕は急いで駆けてく

嬉しい空の色ならば
ただ君は笑ってくれれば、それでいい



君さえ幸せなら

僕はそんな君の幸せが幸せ




そして今日も100年後も変わらない

真っ赤なKISSをしよう




























- 8 -
(C)A t S u
⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]